JPモルガンが大手デジタル銀行になるという計画の大きな部分を、ブロックチェーン技術が占めているという新たな研究が明らかになりました。 ResearchAndMarkets.comの調査によると、ブロックチェーンは、クラウドコンピューティングと人工知能を含むJPモルガンのデジタル変換イニシアチブの一環として、トップにランクされています。

同社はビジネスが社外に逃げていかないように、ブロックチェーンベースの支払いを75行の銀行に拡張した。リップルのような新興企業は、安価で高速なブロックチェーンの国境を越えた決済システムを使って、送金市場の大きな部分を占める脅威となっています。 何百もの銀行が既にRippleのプラットフォームをテストしており、そのネイティブトークンであるXRPを使用すると、コストを約30%から約60%削減できるとしています。

JPモルガンは、業界リーダーの地位を守り続けるために多くの戦略を策定しています。 そのうちの1つは、社内で技術インキュベーターを確立することです。 もう一つの一般的な戦略は、業界の外のFintec企業と提携することです。

伝統的な企業であるJPモルガンは、しばしば従来のビジネスを席巻する可能性のある破壊的技術を手に入れようとしてきました。

報告書によると、2018年には約100億ドルを技術への投資に費やしており、その半分はフィンテック投資のために費やされています。

 

 “JPモルガンは、デジタル革命ロードマップの一環として、ブロックチェーン、ビッグデータ、クラウド、人工知能、ロボットなどの最先端技術を探索、識別、評価、投資、開発、実装しています。 我々は、JPモルガンがアクセラレータとインキュベーターを設立し、Fintechの新興企業に投資して買収したり、戦略的パートナーシップとコラボレーションを形成したりするなど、最新のデジタルテクノロジーへの取り組み状況を調査しました。」

と同社は プレスリリース しました。

 

松田 道人 Michihito Matsuda

View all posts

Add comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement