ブロックチェーン技術、特に仮想通貨(暗号通貨)などの実装の状況については、多くのあいまいな点があります。米国の2人の下院議員は、ブロックチェーン技術のあらゆる特徴をカバーする3つの法案を提出することの声明を出した。しかし、ブロックチェーンが正確に何を意味するのかを本当に知っていますか? この問いかけは、法案作成者の心中にもあるようです。

この議員は、法案についての発表をしながら、ブロックチェーンという言葉の定義は共通化されていないと指摘した。このため、商務省が、連邦政府関係者だけでなく、ブロックチェーン業界のプレーヤーを集めるワーキンググループを作成することを提案しています。

ワーキンググループは、様々な分野における技術の影響を調べるために、米国・国家電気通信情報管理庁(NTIA)と連邦通信委員会(FCC)からいくつかのアイデアを引き出す予定です。

「ブロックチェーン技術は、世界のデジタル経済を変革する可能性があります。ブロックチェーン技術を導入する機会は、サプライチェーンにおける透明性、効率性、セキュリティの大幅な向上から、日和見的にスペクトルへのアクセスを管理することにまで及んでいます。

トム・エマー(Tom Emmer)議員は9月に、3つの法案を議会に提出すると発表しました。

「デジタル通貨とブロックチェーン技術を支える法律」、「ブロックチェーン規制の確実性に関する法律」、「フォークされた資産に関する納税者のための安全弁に関する法律」の3法案です。

専門家によると、あいまいな規制こそ、新領域でのブロックチェーン開発にとっての大きな障害となっているとのことです。

 

松田 道人 Michihito Matsuda

View all posts

Add comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement