韓国は、ブロックチェーン技術の開発と実装において重要な役割を果たしていいます。最近の報告によると、韓国は株式を取引するために特設計されたブロックチェーンベースの特注システムを導入しました。

ブロックチェーン技術への韓国のコミットメントを繰り返し表明する動きのひとつとして、朴元淳 (パク・ウォンスン)ソウル市長は、世界でもブロックチェーン導入に積極的なチューリッヒ市との覚書を締結しました。

現在、朴元淳 (パク・ウォンスン)市長とその一団は10日間のヨーロッパ視察を行っています。朴元淳 (パク・ウォンスン)市長とチューリッヒの関係者はブロックチェーンの発展のために両都市の資源を有効活用する可能性を慎重に検討しており、スイスでの朴元淳 (パク・ウォンスン)市長一団の活動は概して生産的だったようです。このように、チューリッヒのTrust Square(トラスト・スクエア)への訪問は、両都市が覚書に調印する契機となった。Trust Square(トラスト・スクエア)は、金融スタートアップを後押しするための金融特区です。

また、朴元淳 (パク・ウォンスン)市長が、ブロックチェーンの成長に貢献しているスイスの取り組みの数に感心していることが明らかになりました。朴元淳 (パク・ウォンスン)市長は、スイスは「便利なビジネス環境と構造」にあると述べ、さらに朴元淳 (パク・ウォンスン)市長は仮想通貨(暗号通貨)企業の「クリプト・バレー」と見なされるツークを訪問した。しかし、朴市長がツークの関係者と面談したという記録はありませんでした。

 

韓国とブロックチェーン技術

昨年、韓国は、国内で仮想通貨とブロックチェーンの取り組みを抑止する厳しい規制を導入しました。 ビットコイン先物取引は禁止され、仮想通貨取引所には厳しい税制が課され、ICOは禁止されました。 しかし、政府は7月に仮想塚取引とICOを合法化することなどその地位を見直しました。 明らかに、韓国は多くの分野にブロックチェーンを導入しようとしています。

チューリッヒとは異なり、ソウル市はブロックチェーンの新興企業を迂回し、ソウル市が市民に直接ブロックチェーンベースのサービスを提供しようとしています。 ソウルは市民が公共サービスの支払いに使うことができる「Sコイン」と呼ばれる暗号通貨を開始する予定です。

 

松田 道人 Michihito Matsuda

View all posts

Add comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement