ビル・クリントン元大統領は、インターネットの時代の幕開けにホワイトハウスにいました。 彼のインターネット技術に対する肯定的な姿勢が現在のインターネットの進歩に寄与し、現在、私たちの生活のあらゆる側面を変えています。10月1日、ビル・クリントン氏は、リップル主催のスウェル・カンファレンス(Swell Conference)で基調講演を行い、ブロックチェーン技術に関して積極的なコメントをしました。

クリントン氏は、元・国家経済会議委員長および顧問を務めたジーン・スパーリング氏との質疑応答セッションでは、文化からブロックチェーンまで幅広いトピックについて議論しました。

 

「ブロックチェーンを通じた取引は、国家や資産家グループを介さない使われ方をするため、大きな可能性があります。 順列と可能性はずば抜けて素晴らしい」とクリントン氏は語った。

 

しかし、クリントン氏は、技術を台無しにする可能性のある支離滅裂な社会経済政策について警告した。

クリントン氏はもちろんインターネットでさえも不平等の問題があるについて声を上げている。 クリントン氏は速やかに、新技術が特に開発途上国で社会的、経済的不平等を拡大することを許さないように注意するべきだと指摘しました。

「メリットが現実化すればするほど、注意する必要がある。」 The Streetによれば、クリントン氏はこう言いました。

他の多くの人々と同様にクリントン氏もまた、犯罪活動における潜在的な使用について懸念を表明した。 「消費者詐欺も望まないし、反社会的勢力マネーロンダリングも望まないし、テロリストが簡単に攻撃できるようにしたいも思わない」

しかし、クリントン氏はすべてが新技術の挑戦であると指摘した。

依然として米国の仮想通貨(暗号通貨)には暗雲が立ち込めています。SEC職員は一部のICOを有価証券として扱うことを決めました。 ある米国の議員団体は最近、この問題に関してSECが明らかにすべきだと要求しました。

 

松田 道人 Michihito Matsuda

View all posts

Add comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement